読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俳優おたくの掃き溜め

舞台や若手俳優のおたくが好き勝手書くところ

▫関係者席に座る諸君に告ぐ▫


かなり前のエントリーが昨日えらいアクセス数になってびっくりしました。忙しくてリアタイで情報を追えてなかったのですが、今やっとその理由を突き止めることが出来ました。


確かに最近はうちわペンラOKの舞台も増えてきましたし、キンプリ?(ごめんなさい専門外でよくわかってない)の応援上映のような適宜歓声OKの映画なんていうのもあります。

少しずつ客席の自由度が増えてきている舞台界隈。でもそれはあくまで公式が「この作品に限り」「許可をしている」だけで、それらがじゃあ他の舞台作品で許される行為かというと、それは違うんじゃないかなーって思います。


何の舞台かは言いませんが、公式が「芝居パートでの歓声はお控えください」とアナウンスしているにも関わらず、普通に芝居パートでキャラが何かする度に客席がギャーギャー歓声をあげてる舞台(のような何か)を以前見た事があり…台詞が聞こえないことも多々……。虫唾が走るくらいには気持ち悪い現場でした。推しがいなくて良かった。




さて!話を本題に戻します!
今回は関係者席に座る人に是非心得ていただきたいことを少しだけ書いていきます。


確かに関係者席って好きで観に来てる人もいれば、仕事の関係上や人間関係上、仕方なく来てる人も多いかと思います。そして関係者席はやはりそこそこ見易い場所に用意されることが多いです。概ね真ん中辺りで、全体を見渡せるけど遠すぎない辺りですね。



まず関係者様へ言いたいのは、あなたが座ってるその座席。あなたが埋めている1つの座席。1枚のチケット。それを喉から手が出るほど欲しがっている人がたくさんいることを肝に銘じてください。

人気公演だとチケットは争奪戦です。たくさんのお金と時間をかけておたく共はその争奪戦を勝ち抜いて、やっと座席を確保するのです。負けてチケットが取れなかったおたくだってたくさんいます。
(正直私自身はチケットは努力で何とかなると思ってるタイプの人間なんでアレなんですが)

関係者席に招待というのはその争奪戦からシードで勝ち上がっている訳です。しかもそこそこいい席に座る理由です。そうすれば関係者席より見づらい席の人や、チケットを当てられなかった人達が関係者席を恨めしく思うのは仕方のないことだと思います。


なのでこれは完全に嫉妬や八つ当たりなんですが、関係者席に座ることで既におたくの反感を買っているかもしれない事を知っていてください。

でも、ただ関係者席に座るだけで叩かれる事は稀なのでご安心くださいね。




問題はここから。



関係者席ってすごい注目されるところなんですよね。


それは先述の妬みという理由もありますし、俳優おたくって関係者席に誰か俳優来てないかなぁって探すくらいには注目しています。注目しているということは、観劇マナーなどは厳しく見られているということです。


注目の的である関係者席で、もしマナー違反をしたら?それはもう格好の餌食となることは明白です。



しかも関係者席にいるということは、誰かしらが招待したからそこにいる訳です。「誰の招待で来たかなんてわかんないだろどうせ」と思ってる人がいたら、おたくなめんなと返したい。開演前や終演後に関係者同士で会話している内容に、ちょろーっと聞き耳を立てれば誰の関係者かなんて容易に特定できます。

そして顔を覚えてしまえば、終演後にキャストが「今日は○○さんが来てくれましたー♡」なんて無邪気に写真をあげてくれれば1発で特定できます。


顔も話している内容も特定出来なくても。マナー違反をした人が座っている座席番号を特定は出来ます。それらを公式に申し伝えたりTwitterで拡散すれば、誰の関係者がそういうことをしたのかは公式の耳に入ることでしょう。招待した本人にもきっと伝わるはず。



まぁいろんな方法で誰の関係者か特定した結果おたく達が思うのは「○○(キャスト)の関係者ってろくでもないね」「ということは○○も、実際ろくでもないのかもしれないよね」って考えに至ることが多いです。ろくでもないのは招待された人間なんですが、結局何故か招待した側の人間も矢面に立たされるのです。








関係者席に座る皆様へ。


あなたは注目されています。
俳優じゃなくても注目されています。
あなたの一挙一動見られています。

そしてあなたは誰かの招待で来ています。
その席に座りたいおたくはたくさんいます。
あなたを恨めしく思っているおたくもいます。
好ましくない行為をした場合
簡単に炎上させられてしまいます。

どうか肝に銘じておいてください。

そして誰の招待で来ているかなんて
おたくは簡単に特定します。
あなたの行為で招待してくれた人の顔に
泥を塗ることになるかもしれません。


どうか肝に銘じておいてください。







念の為言っておきますが。
観劇マナーは関係者にもおたくにも、初めて舞台を観る人にも全通してるおたくにも共通です。

「客席も一緒に舞台を作る」と、いろんな俳優や制作者さんが言っています。舞台は客席の協力がなければ完成しないのです。その「協力」というのが観劇マナーだったり、公式からアナウンスされる事を守るということ。


「知りませんでした」では済まされません。関係者だからといって許される事ももちろんありません。



もう1度言わせてください。
関係者だろうが何だろうが観劇マナーは把握しろ。




郷に入っては!!郷に従え!!!!!











今回の騒動とは少し話が逸れています、ご了承ください。


私は関係者席付近に座りたくない、マナーが悪いから後列座りたくないって常常思っています。