読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俳優おたくの掃き溜め

舞台や若手俳優のおたくが好き勝手書くところ

▫観劇マナーの話▫


最近は本当に様々なゲーム・アニメ・漫画作品が舞台化されていますね!別に2.5次元舞台が嫌いという訳では無いのですが、量産されることで稽古期間もまともに組んでもらえず、低クオリティなものを乱発されるのは勘弁してほしいなぁと思ってます。


私も数年前に某原作有の舞台を観に行ったことで舞台俳優界隈のオタクにジョブチェンジしたクチです。それまで舞台というものに足を運んだことはありませんでした。


きっとこの2.5次元舞台乱発時代の今、私と同じく原作絡みで観劇デビューされる方も多いのではないでしょうか?そこで今回はそういう方に知っておいていただきたい観劇マナーについて書いていきたいと思います。






《上演中の私語は小声でもやめてください》

これ結構多いんですよねぇ…。本人達は周りに聞こえないだろうと思って小声で喋っているようですが、どんなウィスパーボイスでもよーく聞こえてますよ!!!ここはお前の家じゃねーんだよ!!!!!

Q:暗転中なら大丈夫だろ
A:駄目です
Q:笑い声や拍手でかき消されてる今ならいいだろ
A:駄目です

上演している間、客席は舞台上と同じ空間・同じ空気感になっています。その空間を間近で体感出来るのが映像作品とは違う、舞台の醍醐味です。暗転している間も拍手や笑いが起きている間も、全て作品の一部です。舞台上から伝わってくる空気感を私語は全てぶち壊してしまいます。

例えば好きなアニメを見ている最中に、ニュース速報(しかもあまり関心のないニュース)のテロップが出たらムカつきませんか?アニメを見ている間は現実を忘れてその世界観に入り込んでるのに、突然テロップによって現実に引き戻されるなんて嫌ですよね。保存用に録画してたらテロップ入るのもっと嫌ですよね。

隣で一緒に観ているお友達にリアルタイムで「今のかっこいいよね♡」なんて報告したいのかもしれませんが、どうか幕が降りるまではぐっと堪えてください。周りの人達はあなたが発信する私語というテロップに欠片の興味もありません。邪魔です。

ちなみに客席からキャストに声をかけるのも私語と同類、むしろ私語よりひどいです。当の本人からしたら「キャストに声かけたら構ってもらっちゃった♡」って思うかもしれませんが、ただの迷惑行為です。
そんな奴には好きなドラマやアニメを観ている時、毎回緊急地震速報(ただし毎回誤報)が流れる呪いがかかればいいんだ…。



《携帯電話の音・バイブ・光》

これもいくら公式がHPや前説等で注意しても無くならない問題ですよね。さすがに音が鳴ることは稀ですが、バイブ音はしょっちゅう観劇中耳にします。これも私語同様、世界観をぶち壊す許されない行為です。

開演するギリギリまで携帯を触ってるから、ついつい電源切るのを忘れてしまうのでしょうか。それとも電源切るのをめんどくさく思うのでしょうか。確かに1人で観に行ってる時は、開演まで手持ち無沙汰だしギリギリまで携帯を触っていたくなる気持ちはわかりますが…その間はフライヤーなどを眺めてみては?

そして地味に気になったりするのが上演中に近くの席の人の鞄から、携帯の光が漏れてること。あれ客席は基本暗いのでめちゃくちゃ目立つし気になる!!!!

マナーモードだけでは不足です。必ず電源からお切りください。

余談ですが女優(アイドル?)を追って舞台を観に来た男性ファンの方って、特に携帯関連のマナーが不徹底なイメージがあります。前に隣の男性客が前から4列目なのに上演中平然と携帯をいじり始めたのには驚きました…。さすがに終演後キレました。





《ぬいぐるみ問題》

少しグレーゾーンに入っていきます。確かにこれはあまり公式からの注意事項には出ていません。じゃあ注意事項に書いてないからいいのでは?と言われると私個人としては、出来ればやめてほしいかなぁ。

そもそも観劇の場にぬいぐるみを持ち込む理由って何でしょうか?これはちょっと私には理解し難い心理なので本当にわかんないのですが…。少なくとも観劇には必要ないものだと個人的に思っています。


隣の人が膝の上にぬいぐるみを乗せて観劇してると…正直ぬいぐるみが視野に入って気になってしまいます。たまにかなり大きいぬいぐるみを持ち込んでる人を見ますが、頼むから近くに来てくれるな!って思います。気になってしまうので。

それにぬいぐるみの中にカメラを仕込んで盗撮、というのは盗撮の常套手段です(J界隈あるある)。なので盗撮目的でなくてもぬいぐるみを持ち込むことで、盗撮してるんじゃないかと周囲から疑いの目を向けられても仕方ないと思います。舞台にまで連れて行ってる大事なぬいぐるみに、そんな疑いの目を向けられるのは嫌ですよね…?

百歩譲ってぬいぐるみを持ち込むのはいいです。でもせめて上演中は、バックの中でお留守番にさせてあげてください。周囲への配慮と、自分と大切なぬいぐるみを守るためにも。




《コスプレ観劇》

これも個人的には勘弁してほしいです…。
オシャレしたい気持ちはわかります!目の前に好きなキャラクターや好きな俳優さんがいるから、出来るだけのオシャレはします!

でもキャラクターのコスプレはオシャレとは違うと思います。そもそも何で観劇でコスプレをするのか理由を聞きたいくらいです。キャストの目に入りたいからですか…?

コスプレという行為は年々認知度も高まり市民権を得てきたとはいえ、まだまだ一般的には奇異なものと見られてしまうのが現状です。好きなキャラクターのコスプレが苦手な人もいます。

そういう人達が仮にコスプレイベントに行ってレイヤーに出くわして「うわ、嫌いなコスプレ見た(怒)」と思うのは自業自得だと思います。でもただ純粋に舞台を観に来ただけで、そんな地雷にぶち当たってしまうのはさすがに可哀想ではないでしょうか。

そしてキャラクターによっては浮いたウィッグや盛り髪ウィッグが目の前の席にいると見づらいです。

コスプレは専用イベント等で。TPOを弁えていただきたいです。





他にも観劇マナーはたくさんあるかと思いますが、個人的に出くわしたり気になったものをいくつか書いてみました。


誰にでも観劇デビューはあります。そして観劇デビューするまでは、観劇マナー等は無知です。でもデビューするに辺り、その界隈のルールやマナーを調べて把握しておく事は出来ます。


「郷に入っては郷に従う」


是非観劇デビュー前にGoogle先生などでマナーを調べて、楽しい観劇ライフを!