読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俳優おたくの掃き溜め

舞台や若手俳優のおたくが好き勝手書くところ

▫花を贈る目的▫

今日は舞台で贈るお花について語っていこうと思います。よくロビーや入口に飾られている綺麗なお花達。しかし見た目は綺麗なお花も、その裏にはおたく同士の維持とプライドと秘めたる想いが込められているのです。綺麗なもんじゃありません。



まず女性の出演者などお花が好きだと公言している方へは、それは当然綺麗なお花を見る事で癒されてほしい、という願いが込められているのでしょう。いつか女性キャストにとびきり可愛いやつを贈ってみたい…。

ですがあんまり若手俳優、というか若い男の子で花の良さがわかる人はいないと思います。花より高いお貢ぎや食べ物の方がよっぽど嬉しいと思います。

なのにおたく達は何故あんなくそ高い花を出すのか。公演期間が終わればゴミと化すものにどうして○万円も賭けているか。おたく金ないのに。



もちろん理由なんて千差万別かと思いますが…。まずは「自己顕示欲の象徴」。応援する俳優へのアピールってやつですね。こんなに高い豪華なお花を出せるくらい好き♡とか。俳優によってはお花の写真をSNSに載せてくれる人もいますから、下手にダサい安っぽい花なんて出した日にはいいさらし者です。あと独占欲強めのおたくになると、一番大きい花を出す事で他のおたくを牽制する効果も期待できるかもしれません。



ただ私の見解は違います。私がお花を出す理由は「テニプリのバレンタイン」と同じです。あれも架空の人物にチョコを送るなんて馬鹿馬鹿しい!と思うかもしれません。単純に架空の人物に恋している故に送っている人もいるかもしれません。

でもあれ、ちょっとした人気投票なんですよ。つまり「許斐や公式に○○くんのファンはこんなチョコ大量に送れるくらい金を落とせる(使える)ことをアピールし、推しキャラの出番を増やす」ことが目的っていうのがあるんですね。当然金持ちのおたくがいるキャラグッズを出せば、その金持ちおたくがグッズを買わない訳がないのですから。(本当に公式に結果が反映されるかは知りませんけど…)


おたくが高い花を贈るのにも、実は同じ理由が込められているのです少なくとも私は。ロビーに飾られた花はもちろん舞台を見に来た関係者の視界に確実に入ってきます。むしろ劇場によっては役者は見に行けないこともありますが、招待などで来た関係者は90%花を視界に入れることになると思います。


○○くんのファンはこんなに大きく高そうな花が贈られている→○○くんのファンはお金持ち(っぽい)→次の舞台で起用したらチケットやグッズがたくさん売れるかも→オファーしよう!


って…なるかもしれないじゃないですか(笑)実際はどうだかわかりませんが、可能性は大いにあると思っています。いや、効果は絶対あります。舞台関係者が役者を起用する要素に、多かれ少なかれ集客力や商品価値は加味されるからです。


そう、お花を出す理由は「俳優の商品価値への付与」なのです。もちろん微々たるものかもしれませんが、推しに貢献できるチャンスなのです。



なので正直推しに「お花ありがとう」って言われたり、推しがその花を気に入ろうが気に入りまいがあんまり興味がありません。写真も撮らなくて結構。その花は今の君じゃなく、未来の君への投資なのだから。その理由も知らなくていいんだよ、えぐすぎるもんね。


純粋に推しに喜んでもらいたくて贈っている方々がもしこれを読んだならすみません。あなたはこれからも純粋な愛を貫いてくださいね。


自己顕示欲もあり、純粋な愛もあり、未来への投資でもあり。どうか舞台を彩る花達に秘められた思いを、決して無駄遣いと馬鹿にせず見守ってくれたらと思います。