俳優おたくの掃き溜め

舞台や若手俳優のおたくが好き勝手書くところ

▫️ましまろもぐもぐ~良いおたくってなんやねんって話▫️


ましまろいただきました。
あんまり気が進まないけど食べます。

他の部分は伏せておきますねー。




まず本題に入る前にはっきりさせたいのはこれ。

「良いおたく」の「良い」の主語はどこにあるのか

一口に「良いおたく」と言っても、非常に漠然としていて目標設定としてよろしくないと思います。誰から見て「良いおたく」なのか?という話なんですよね。これの主語が【推し】なのか【自分(の精神衛生)】なのか【周りの人間】なのかによって、話が全然変わってくると思うんですよね。ましまろくださった方の言う主語は文面からなんとなくこれかな?というのは読めるのですが、確証はないしご自身でも混乱されているような印象も受けるので、まずここを明確にしてみてほしいです。一応以降はそれぞれの主語に対してあくまで【私が思う良いおたく】について記述していきます。



ひとつめは【推し】に主語を置いた場合。

推しの地雷を踏み抜かないおたく

ましまろ主さんも仰っているとおり、ここは本当に推しによって千差万別だと思うんです。ただ基本的に若手俳優で、自分を多かれ少なかれ応援してくれる人を基本的には嫌わないはずなんです。なのでとりあえず応援してくれるおたくは基本良いおたくと考えていいと個人的には思います。

そこからプラスアルファを付加させたいのがおたく心ではあると思いますが、そのプラスアルファが本当に個々の若手俳優によって千差万別です。とにかく通いまくるおたくが良い場合もあるし(特におたくが少ない俳優等)、別にそんなに通わなくてもいいからひとつひとつの現場を楽しんでくれる方がいい場合もあるし(特におたくが多い俳優等)、通うよりも高額プレ貢ぐおたくが好きな人、フランクに話すのが好きな人とそうじゃない人、顔とか服装のタイプも人それぞれだし。

推しにとってなにがプラス要素になるかは、推しのみぞ知ること。口で言うことと本心が違う可能性だってあるし(むしろその方が多い)、プラスアルファを稼ぐのは決して容易ではありません。

なので元々ベースが好意を寄せている時点でプラスなのですから、プラスアルファを付加することよりもまずはマイナス減点されないことに注力する方がいいんじゃないかなって思うんです。もちろん推しの地雷も推しのみぞ知ることではありますが、プラス要素を模索するよりは簡単で確実です。

参考になるかわかりませんが、私は過去に推し(当時)の地雷を最後の最後で盛大に踏み抜きガソリンを撒いて火を放ったことがあります(若気の至り)。数年後、もう時効かなって思ってふらっと会いに行ったのですが、その時の彼の表情が忘れられません。やっちまったな的な意味で。いくらそれまで(概ね)品行方正で良いおたくをやっていたとしても、一度トラウマ(?)を植え付けたらもう二度と這い上がれないんだなって悟りました*1

このエピソードは少し極端ではありますが、地雷を踏むというのはそれまで積み上げてきた(もしくは元々あったアドバンテージ)すら崩壊させて風穴を開けるほどの破壊力がある訳です。

なのでまずは推しにとっての地雷を察知して、絶対そこに足を踏み入れないこと。それだけでたぶん【推しにとって良いおたく】になれると思います。知らんけど。





次に【周りの人】にとって良いおたくは

外野の言葉はシカトしても、近い人の言葉には耳を傾けるおたく

と説きます。その心は。



推し活は究極言えば【自分】と【推し】がいれば成立するものです。ぶっちゃけ同担含め周りのことなんて、自分が楽しめていれば、自分が幸せって思えていたらどうでもいいことなのです。

だけどそれによって暴走してしまうのはよろしくないです。何をしても良い訳では無い。騒ぎになってしまえば結局推しに迷惑になっちゃうかもしれないですし。それであんまりこの話題は(面倒そうなので)触れたくないんですけど、最近もnmmn的なアレで炎上みたいなのありましたよね。

外野の悪意のある言葉は基本的にシカトしてもいいと思います。気にしなくていいです。だけど暴走しないように、自分の近い人の言葉には耳を傾ける必要はあると思います。

ここで言う【近い人】というの、勘違いしないで欲しいのが決して【賛同者】という意味ではありません。自分(と、出来れば推し)のことをちゃんと知っていてくれている人です。友達の中には自分の行動に賛同してくれる人が多いと思いますが、時に「それは良くない」「やめた方がいい」と止めてくれる人もいるはずです。その言葉は絶対真っ向から否定しないで、ちゃんと聞いてみてください。そういう人があなたにNoを突きつけた場合、必ずそこにはしっかり【あなた】と【推し】を考えての明確な理由があるはずです。絶対それに従え!とはケースバイケースなので言えませんが、自分が盲目になって(または情緒が乱れて)周りが見えなくなった時に、そういう少し俯瞰的で冷静な人の意見ほど大切なものはないと思います。

そういう仲間がちゃんと傍にいるおたく。そんなおたくはたぶん炎上暴走なんてしないはずで。周りの全員みんなから良いおたくと呼ばれるのは物理的には不可能でも、少なくとも最低限の水準はキープ出来ると思います。知らんけど。





みっつめ。主語を【自分(の精神衛生)】に置いた場合。


自分が楽しめる距離感で楽しめるおたく

と説きます。



ある程度の期間推してると、推しのここは好き!ってところの他に「ここはちょっと…」って思うことも出てくると思います。それは推しを知れば知るほど、距離が近くなればなるほど生じやすいジレンマです。

例えば、推しのお芝居は大好き!だけど、少しプライベートに関わることを知ってしまって、そこが推せない!って思う時。その推せない部分は長い時間をかけていけば受け入れられることもありますが、少なくともすぐに受け入れることは難しいはずです。推せないんだもん。

で、推しの全てを愛する必要って別にないと思うんですよね。あと他人である推しを変えることも難しい。なのでどうしても無理なら降りた方がいいし、いやでもお芝居観てたら好きィ…って思うなら、距離を取ってみると良いのかなって思います。最前を攻めるのではなく見やすいくらい後退したセンター席を狙うとか。舞台は行っても接触は控えてみるとか。あとは二推しを見つけたり他の趣味も模索してみていいと思います。こうして推しの無理なところが気にならなくなるくらいの心と物理の距離を取って、推せる部分だけ貪っていけばいいと思います。





ぶっちゃけここまで書いといてあれなんですが、万人が見て良いおたくなんてなれる訳ないんですよね。目指すだけ無駄だと思います。良いおたくになれたとしても、それを維持するのに必死になってたらいずれどこかの誰かみたいにいつか、ガソリン撒いて火を放つことになると思います。

それよりもまずはご自身の気持ちのままに、ご自身が楽しいと思うことに向かって進んでってほしいです。忘れないで欲しいんですけど、推し活は趣味なので。



ごちそうさまでした。


余談

今書いてて思い出したんですが、私の友達が前に「推しの幸せと私の幸せは決して同じではない」って悟りを拓いてたんですけど、ほんとにそうだよなって思います。最近。推しが好きな物全部好きである必要なんてないし、推しの嫌なとこがあってもいい。他人なんだから当然です。

そこをどう心や物理的な距離を取りながら、自分が幸せになるか。私はいつも「推しのおかげで今日も幸せ!」って言えるおたくでありたいです。

*1:這い上がる必要はもちろんもうなかったんですけど

▫️ましまろの私信と、2.5次元俳優という言葉の話▫️


いきなり私信失礼します。

ましまろ来たので読みましたが、最初の1つだけましまろの機能で弾かれてしまったみたいで届いておりません。もしあれだったらましまろに弾かれそうな言葉を省くか伏字等にして再送お願いします(再送するかの判断はおまかせします)。2つめ以降は全部読みました。

私信おわり。



✎︎____________



夜中にこちらのブログ記事読んでうっかり泣きかけました。

先日頂いたましまろで、無課金勢がいても箱が埋まるならええやん的な回答をさせて頂きました。そこに強がりとか嘘とかは全くないんですが、実際はこちらのエントリーに書いてあることも凄く凄くわかりすぎてしまって、アンビバレントな状態なんですよね。





新規のおたくが増えることはとても嬉しいです。いつまで経っても自分より後にまともなおたくが付かないのもほんと苦しいって知ってるので。それにどんな役であっても一定の良い距離感を保ってくれている*1推しだから、別に新規のおたくに嫉妬とかもしないです。


ただ特に後半の文章が涙腺にクリティカルヒットでした。引用失礼致します。

推しは沢山の作品に出てきて。
沢山の素敵な役を演じてきて。
そのどれもが好きだったし、推しは素晴らしい役者だってずっと思ってきました。


でも推しには中々ファンがつかなくて、お仕事が少ない時期もあって。
そのことに対してずっとなんでだろうって思っていて。
「推しは地味にきちんとやるタイプだから注目されづらいんだよ」とか「真面目だからファンも静かなタイプが多いんだよ」とか「ファン少なくても推し始めると長い人ばかりだし」とか。
そんな沢山の理由を見つけては自分に言い聞かせて。




なんか。なんか、そうやって自分を慰めてきたのに。
確かに人気作だし人気キャラだけど、でも推しはずっと素敵でした。
ハマり役だったけど、それだけじゃない。
推しがずっと頑張ってきたから、努力してきたからあの役は完成したのであって。
一回目は大して注目しなかったくせに。
推しがそこそこ知名度ある作品出てても見向きもしなかったくせに。
ちょっと出番が増えたら皆手のひらを返したように推しにキャーキャーして。
私のあの時間はなんだったんだろう。
露出度って言ったらそうだけど、推しの血のにじむような努力が、なんてことない「ラッキー」で上書きされてしまったようで。


絶対出るとこ出たら勝ち戦だって信じていたから、実際こうやって当たり役に恵まれて人気が出る流れは私自身も望んでいました。だけど、すごく苦しいことがひとつ。




私の推しは当たったのが2.5作品だったのですが、これまでやってきた作品の殆どが所謂2.5という感じのものではなかったです。2.5作品は推しのキャリアの1/3にも満たない。




なのにイベントとか公的な場面では、ほぼ百発百中で2.5次元俳優って紹介されるんですよね。これ、本当に先のエントリーのように 推しの血のにじむような努力が、なんてことない「ラッキー」で上書きされてしまったよう とか これまでの推しをなかった事にしているかのように見えてっていうのを、公式に言われてしまっている気がして本当に本当に心折れます。おたくが言う分には全然いいんですよそれぞれの見方や価値観があるから。公的に言われるのがきつい。




別に2.5俳優を馬鹿にしているわけじゃないんです。だけど、2.5以外の場面でもどんな場所でも活躍しているのに、どんな作品だって推しは頑張ってて輝いてるのに。なんでその中のたったひとつの2.5というジャンルばっかりクローズアップされちゃうのかな…って思ってしまいます。キャッチーな文言だし、仕方ないことだってわかってるんだけど。






何度も何度もそういう所で心が折れて、公式がそういうから推しも2.5以外の作品は軽視してるのかなとか、疑心暗鬼に陥ることが何度も何度もありました。ただ最後の1本が折れる直前に、いつも推しの言葉に救われているのが幸いです。


ただそんな推しの言葉を聞く機会もどんどん奪われていっている今、どこまでこの耐久戦に耐えられるのか。それは不安です。私がもっとちゃんと信じられたらいいのになぁ。おたくはいつだって自信がない生き物だからなぁ。



推しが今進んでる道は、ちゃんと推しが歩きたかった道なのかなぁ。

*1:板を降りたら生身でその役をやることは絶対しない。当然なりきりツイートもしない。

◻️ましゅまろもぐもぐとマウントの話◻️

ましゅまろ来たので食べます。



まず純粋にこのご質問に私ならどうするという視点で答えると、まず嫌な事を言われても別に何とも思わないので切り替える必要がない、ですかね。



よく言われてることではありますが、争いは近いレベルの者同士にしか発生しないというのが私の持論です。そして相手が攻撃してくるということは、あなたの存在は相手にとって多かれ少なかれ脅威なんですよねたぶん。だってそもそも取るに足らない相手だったら、わざわざ自分の時間を割いてまで攻撃なんてしませんよね。


なんかよくわかんないけど自分のこと脅威に思ってる人ってなんか想像しただけで既に「あー…(残念な顔)」ってなりません?笑。私は多少嫌な事があっても推し見たらもう好き好きはっぴー!他のこととかどーでもよ!ってなるんですけど、その人は推しから浄化してもらえないんでしょうね…そして嫌な事を直接言う勇気もなければ、身内に聞いてもらって慰めてもらうこともきっと出来ないのでしょう…想像だけど…。


そんな人にムキになって怒ったり落ち込んだりする必要あります?それこそ争いは近いレベルの者同士にしか発生しない訳で、相手にするだけ無駄じゃないですか?もちろん私は貴方の事を何も知らないから実際のところどうなのかはわからないですが。聞く限り非はない訳ですし、今のまま気にせず、むしろ「なんか残念な人がいるようだ、わらわら」って気持ちでいいんだと思います。無視がいちばんのお薬です。




匿名で悪口みたいなのってよく聞くし実際私も体験したことありますけど。直接言いに行くのは良い*1。しかし匿名で書いた時点でその人間の負けだと私は思っています。だって本当に自分がいちばん幸せなら、他の人の動向とかどうでもいいし。自分が幸せじゃないと思うなら自分が頑張ればいいだけです。相手をいくら蔑んだって自分が幸せになれる訳がないのです。

悪口言うって言った本人も後々自己嫌悪というダメージ食らうことも多いので、放置して自滅してもらいましょうね。



あとたまに「推しに悪影響だから~」って言う学級委員長タイプのアレも一長一短かなって思ってます。そう思うことも場合によっては必要だと思うけど、それで匿名で悪口書くのはいかに自分が正統派だと言い張っても、結局同レベルに成り下がってると思うんですよね。本当にOUT案件だったなら、推し然り事務所然りが必要な対応取ると思うし。そもそもそれでアイツはオキラ!って思うんだったら、オキラなままほっとけば良いんじゃないかなって私は思います。わざわざ教えてあげるなんてみんな優しいですね。



ごちそうさまでした。
ましまろくれたら食べます。


✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩





最近おたく界隈で大人気(?)の、よしえ。



これ面白いなって思うのは、これ見てこういうこと言われたことある!笑。と共感する人とこれ自分だわ!笑。と共感する人の2パターンあること。


私はたまにえ、これマウントなの???ってびっくりする事もあるんですよね。


例えばこちら

これたぶん近しいことをマウントと思わないで自分言ったことあると思います。でもしょうがないじゃん!!!!あの時死ぬほどおもろかったんだもん!!!!ただの正直な感想だよ!!!!!!まあ言い方はこんなんじゃないと思うけど!!!!

そう考えると本当におたく生きにくいわ…って思ってしまいます。自分が意図しないで言ったことが、相手にとって悪意のあるものとして捉えられちゃうかもしれないんだもんな…。


空気読まないでマウントに取られかねない発言をする方が悪いのか、それともなんでもマウントに捉えちゃうほど卑屈になってる方が悪いのか。どーなんでしょうね。


これについては一応持論もあるんですが、書いてたらまじゴミすぎたのと途中で書くのめんどくさくなった(どーでもいいよな的な意味で)ので割愛。ただどっちにしても、スルースキルって大事だと思います。



平和が1番ですね。何事も。

*1:まぁあんまり良くないんだろうけど…笑

ましゅまろもぐもぐとチケ取引の愚痴

ひさびさにマシュマロ来たので食べます。
ありがとうございます。いただきます。


中略

明らか特定されそうなところは省きました。


すごくわかる!わかるけど!けど!って感じです、笑。

私も前に推しが出てた舞台がそんなに埋まってなかったのに対して、その直近で行われた接触系イベントにはどっからみんなわいてきたんだ!?!?ってくらい人が来ててびっくりしましたし、これ全員舞台来てくれてたらもうちょい席も埋まったんやろなぁとぼんやり思ったりもしました。

ただ課金しないなら人権ないとは実は私自身はそんな思ってないんですよね。いやおたくとして明らかにおばあちゃん状態で喜怒哀楽がだいぶ平坦になっているのもあると思うんだけど。

推しは今はそうやって席をそれなり埋められる俳優さんにクラスチェンジしたけど、ちょっと前まではもう思い出すだけで胃が死ぬくらいスッカスカな現場とか踏んできました。チケ買い込んで友達に頼む来てくれとお願いしまくり無料招待しまくりした事も少なくはないです*1

仮にこのましゅまろ投げてくれた方の推しさまのイベント。課金してる人達だけしか参加出来ないとしたら、きっとこの会場ってこんなに広いんだ!!!!床広い!!!!ってある種感動するくらいスッカスカになったかもしれないです。それはそれでホールケーキの法則で自分の取り分が増えてらっきー!って感じではあると思うんですけど、そんな床の面積を実感するくらいの会場を推しに見せるのはちょっと偲びない…かなぁ…私なら…


あらゆるジャンルの友達掻き集めて頼み込んで埋めようと奮闘してた頃の私だったら「無課金でも来てくれるおたくがいるだけで羨ましい」って言ったと思います。いくらお金を積んでも人間って多重影分身は出来ないからね。


逆にご自身がそれだけ良い思いをたくさんしているのですから、そんな理解できない無課金勢に感情を掻き乱されることなく今の自分のポジションを誇りに思っていて欲しいです!心の中で一生マウント取っときましょう!笑。月額数百円も払えない砂利ガール達にあなたの思考や時間を割く必要ないです!(言い方な)



何処に何をどう課金するかは人それぞれ。
課金するもしないも、自分が選んだ道が最良であると信じていれれば、外野の事などクソ喰らえだと思います。


ごちそうさまでした。


ましゅまろ待ってます。食べます。



  • - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

以下愚痴。



私ほぼほぼ毎回チケット余らすおたくです。余ったチケは友達に無配したり譲渡に出したり。



しかし最近思うのが



譲渡出すのまっっっじでめんど!!!!!!
というところ。



取引の件数自体はたぶん毎年トントンくらいのはずなんですけど、ここ1年くらいの取引に関するストレス案件多すぎるんですよね。

尚わかる範囲で同担さんとのやり取りでは不思議とそういうこと殆どなかったです。たぶんそれなりに賢い人が多くて民度も高いと思う(誰目線)。よかったね推しさん、頭やべえ筆頭はたぶん私だわ(?)




話を戻します。


詐欺られかけたとか*2、こっちがかなり譲歩してるにも関わらず約束を破られたとか、値切りますなんて一言も言ってないのに「〇〇〇〇円(定価以下)なら買います!」とかファーストコンタクトでいきなり値引き交渉されたり(しかもそれなり人気公演)。事前手渡しで改札出る出ない問題とか*3

この辺りはもう相手が明らか頭おかしいので、頭おかしいので死んでください♡で終わる話なんですけど。


最近スーのパーにイライラするのが
自分が譲ってもらう側なのに返信遅いおたく。


いや、自分がそのチケ欲しくて声かけてきた訳じゃん?しかもまだ完売してない公演のチケットを少しでも前方席欲しくて声かけて来たんでしょ?もうちょい取引の進捗状況とか気にしません?とっとと手元に欲しいから極力返信早めに出来るよう努めない?


通知が来ないとか取引垢そんなに頻繁に見ないとかだったら、まあ忙しかったりすればそんな時もあるよねって納得はあんまりしないけど理解はする。


なのにその相手、普通にツイートしてるんですよね。普通に推しのツイートにいいねした通知とか飛んでくるんですよね。え、なに、若手俳優にせっせとリプする暇はあるのに、金銭が絡む取引については何日もシカトですか??実はチケットそんなに欲しくないん???って思ってしまいますよね、ええ。



こっちもそこそこ労力を割いてチケット取ってて、余ってるとはいえ決して紙屑ではないんですよ。結構大事なチケットなんですよ、相手がどう思ってるかは知りませんが。それを取引とかちゃんとしなきゃいけない場面でちゃんと出来ない人に譲るの、正直嫌です。私だったらチケット大好き何よりも大事マンだから、自分が譲ってもらうとしたらめっちゃ取引垢貼りついてるし極力返信すぐするし、チケット受け取る為に始発で神奈川県でも千葉県でも行く(例えではなく実際行きます、東京の西側在住なのでなかなか大移動)。だからそんなに適当に取引する人って理解できないんですよね。


こっちも行き先不明確な余りチケが手元にいつまでも残ってるの気持ち悪いし、これでこのまま取引が進まなくて取引がパーになったら空席を作ってしまうことになります。こっちだって引き取り先決まらないなら友達に声かけるから、それなりに猶予ほしいんですよね。




なんかそういうのが多くて本当に自分が譲るタイプの取引がひたすらに面倒に感じる今日この頃。そして身内間で交換する時の驚きのスムーズさ*4。片や価値観の合わないおたくと数千円の小競り合いをしなければならない、その労力と時間の無駄さ。




あーおたくってめんどいな!
とりあえずこのエントリ読んで心当たりのあるおたくはみんな溜めてる返信返そうな!!!!

*1:今も友達はよく呼びますが、埋めたいとかではなく単純に私が来てほしいから呼んでます。理由は似て非なるもの。

*2:勿論早々に見破れたので地味な仕返しして切り捨てました

*3:私は先方からお願いされて譲る側なのでわざわざ交通費出してまで改札外に出たくない、なのに相手は改札外を強く希望する。そしたら100円ちょろっとだけどそっちが交通費負担してくれるなら改札外出ても良いよって言ったら、そんなこと言われたの初めてです!信用できません!ってブロックされてちょっとよく意味が分からないな???

*4:お互いにチケットに対する価値観が合致しているため交渉もめちゃめちゃ早い。あーその公演のその席だったら2:1交換が妥当だね!おっけーおっけー用意する!とか。

▫️プロのお仕事 ~おせちとスタオベ~▫️

推しの現場が先日千秋楽を終えました。お疲れさまでした。




その現場、作品の内容自体については原作が良作なのもあって*1楽しめる内容でした。心を掴まれ突き動かされる感覚も久々に味わえたし。




千秋楽公演はスタンディングオベーションになりました。



が、私は立ちませんでした。目の前に推しがいたけど、ごめん。立てなかった。





この舞台も安定の全通してたんですが、途中チケット売り飛ばすか迷うレベルで許せないところがあったんですよね。それはあまりにもミスが多すぎるというところ。


まず主演がお世辞にもお芝居が上手いとは言えない方でした。でもそんなの元々役者さんではない方でしたし、自分も過去の推しが当時お芝居上手くはなかったから許容範囲なんですよ。経験積んで良くなればいいと思う。ただ、それを持ってしてもなんであんな噛むの?笑。滑舌の悪さは素質だとしても、回避するために言い回しを変えるとか、工夫の余地はあったと思うんです*2。クールな役どころでビジュアルはとても役にマッチしているだけに、なんでこの方をキャスティングしたんだろうなぁ他に適役はいたんじゃないかなぁと首をひねる毎日でした。いやその方自体は嫌いじゃない(可愛いは正義と思ってるオタク)、むしろ好きな部類の方なんですけどね。



そして主演が悪びれもなく(?)ミスりまくるからなのか、他のキャストもかなりぐだぐだという印象が否めなかったです。普通に噛むし普通に台詞飛ばして躓くし、出とちるし衣装間違えて出てくるし。それがナマモノである舞台だからある程度は仕方ないよねっていうのを超越する頻度で毎公演起こっていました。まじで稽古期間何してたの?って言ってしまうくらいには酷かったです。




話がつまらない…とかは好みの問題もあるし、お芝居の上手い下手も好みの問題とか経験値の問題もあるから致し方ないと思います。だけど、ミスが多くてそれを毎回繰り返すっていうのは冒涜だと思うんです。チケット代ってそんな安いものではないし、数時間を観劇に消費するって結構なことだと思うんですよ。時間とお金を対価に感動等を得たくて劇場に行って席に座るんです。相手はプロだと思ってるから金を出して、相手はプロだと思ってるからその分一定のクオリティは求めます。

だけどそんな毎度毎度ミスだらけのものを観せられると、まるで差し出したお金も時間も蔑ろにされてる気分になるんですよね。もう10年近く前の事件を引き合いに出しますが、グルーポンのおせち事件みたいな気分。グルーポンおせち事件の画像まとめ - NAVER まとめ





ただここまで散々書きましたが、その辺のグズグズが後半のある日を境に劇的に改善されたんです。それはもうまず主演の方が噛む頻度が劇的に減ったのは勿論、素人だから抽象的な言い方になってしまって申し訳ないけど、感情の乗せ方がすごく良くなっていました。やり方を変えたお芝居も最初は上手く出来なかったけど、回を重ねる毎に板についてきてて、自然な感じになってて。先述の通りビジュアルはベストオブベストだったので、本当に覚醒した以降はえーー好き!ってなってました(ちょろい)。

そして他のキャストもミスが減って(ほぼ無くなり)、どんどんアドリブ要素を押し込んでくるとか、こちらもまた随所に改善や工夫を見るようになりました。


なのでそのある日を境に劇的に改善されてからは楽しく観ることが出来ました。元々推しのお芝居が好きだったのでチケット代返せとは思ってなかったけど、やっと期待通りのおせちが届いた気分(?)





だけどスタオベは出来ませんでした。



カーテンコールの挨拶の中で「一生懸命稽古して~」と仰っている方がいらっしゃいましたが



だったら最初から後半のクオリティ出せるよね?



って思うんですよね。稽古の段階で台詞をきちんと言えるようにするのは当たり前で、そこから更に色々試したりしてベストなものを稽古段階でチョイスして本番で披露するっていうプロセスですよね普通は。それがプロのお仕事ですよね。


もちろん本番をやっていくうちに生まれたアイディアを活かすとか、経験値の上昇に伴って千秋楽に向かってどんどんクオリティを上げていくっていうのは有りだし大歓迎です。だけど今作に関しては未完成のものを千秋楽に向けて完成させていったもの…と個人的感覚で思います。

だから一生懸命稽古して…という言葉は私には全く響かなかったです。それでも私は全通だから結果オーライになったのを観てるからいいとして、特にグズグズだった公演しか来れなかった人達に対しても同じこと言えるのかなって思いました。*3



千秋楽公演だけだったらまぁスタオベしてもいいかな…って迷うけど、トータルで見た時に私は例え推しが目の前に居ようが周りが全員立っていようが、立てなかったです。なんかほんと嫌いだとか憎いとかは全然なくて、これまでスタオベしてきた作品と同列にしたくなかったんですよね。

スタンディングオベーションとは、自らの感動や賞賛の念を素直に表した行為である

スタンディングオベーション - Wikipedia





この作品が続編やるのかわかんないけど、もしやるとしたらその時は今度こそ最初から「好き」と心から言えるような素敵な作品になっていることを切に願っています。だってどうしようもない言うだけ無駄なゴミ舞台とかじゃなくて、きっと素敵な作品になると信じられるくらいには、良い作品良い役者さんって信じているから。




ましゅまろくれたらたべます

*1:そして私が上半期あんまり好みの舞台にエンカウント出来なかったのもあり

*2:現に最終的になんとかなった訳だし。詳細は後述

*3:実際その回に招待した友達はボロクソに言ってて、忙しい中来てくれたのにごめんねって謝る私がいた

▫️今更ながらちょっとだけましまろもぐもぐ+運営に恵まれない話▫️


ご無沙汰しております。生きてます。おたくしてます。元気です。降りてません。



とっても今更ですがまずこれまでに頂いたマシュマロちゃんについて。ファンサ舞台に対するいくつもの心の叫び、何度も「それな」「わかる」「つらい」って言いながら読みました。ありがとうございます。


数も多かったので個々のお返事は割愛させていただきますが、これが原因で降りたという方もチラホラいてまじ切なすぎる…罪深い…って思いました。

あと原作厨なら~とか、俳優厨だから~っていうのもよくわかるしよく見るお話だよなぁと思って読んでました。ただこちらの言い分ではありますが同じチケ代払って入っている以上、少なくとも差別される筋合いはないと思うんですよね。特別に構ってくれとか他のおたくに構うななんて思ってないんです。でもなんで存在消されなきゃいけないんだろう、私何かしたかな…ってすごく悩む。そしてそんなことに悩む自分、その場を楽しめていない自分…っていうのにも自己嫌悪が募って負のスパイラルが形成されて…っていう。差別ダメ絶対。もし公式が俳優厨は干しなさいとか言うところだったら*1その分せめて先行サービス手数料くらいは値引きしてほしい、慰謝料として、まじで。


と、言いつつ。今更振り返れるのもなんとなく自分の中で落とし所というか、まあ、納得というか、そういうのがあるからなんですけどね。結局推しのキラキラ輝く姿は何にも変え難い。その笑顔が好きです。みんな頑張ろうね、私も頑張る。



で、話は変わって。



ここ1年くらいチケ発協力のお願いとか現場でのことを友達に話す時とかに、例外なく全員に制作(運営)について「大変だね…」って同情されます(笑)(笑えない)


もう本当に推しのことは相も変わらず大好きです。めっちゃ好き。推しに不満はほぼ全くありません。これからもたくさん推して参りたい。


ただ推し事というのはそこに絡む現場のあれこれも密接に関わる訳で、政策運営様にお金を捧げ時間を捧げてどうかお願いします推しに会わせて下さいとお願いして、初めて現場に行ける訳です。


勿論お金を出すこと自体に躊躇いはありません。自分が楽しめる範囲で楽しくお金出して、その対価として嬉しいこと楽しいこと、元気になれることを楽しんでいきたい。ただ、本当に最近制作運営のハズレ感が半端なさ過ぎて、ぐぬぬぬ…って下唇噛み締めながらも、お願い致します現場くださいとお金を献上しています。文句も言わないです。脳内では松明振り回してますけどね!




まあ本当に全員に同情されますが、特筆すると先日友達に「おたくナメてる感じが伝わってくる」と言われました。実際になめられてるのかは知らないけど、人間だと思われてない節はあると捉えられてもしょーがなくない?という場面は多々。

――俺達は血液だ 滞り無く流れろ 酸素を回せ ”脳” が正常に働くために。

黒尾鉄朗(ハイキュー)


ということであくまでおたくは血液で酸素(お金)を回して推しが働く養分でしかないのはわかる。理解出来る。ただね、気持ち良く課金させて欲しいなぁっていうね。奴隷(言い方)な事には変わらないけど、奴隷扱いしないで奴隷化させてほしい(?)


具体例は数も凄まじいので明言は避けますが…後手後手になる告知とか、需要と供給がかけ離れてたり*2、当日の客捌きが素人以下だったり*3等等。


なんで推しが好きで、推しを見たくて、応援したくて、楽しみたいのに。こんな苦行を積まねばならぬのか、要らぬ争いをしなければならないのか…って頭を抱える毎日です。まあ結局のところ推しに会っちゃえば「えへへ今日も銀河で1番だよぉぉぉえへへへぇぇ」ってIQ2になっちゃってどーでも良くなるんですけど。でもいつか完全に政策運営のせいで心折れそう。いや既に何度も折れかけてたり折れたりしてますけど。


とりあえず情報解禁と同時にチケ発とかやめような。常にTwitter監視してないと情報最速で追えないのもやめような。おかげで今多分携帯依存症診断受けたら確実に医療的介入要するレベル。その暁には人間扱いしてくれない制作運営に慰謝料請求しよ!笑。


ましゅまろ待ってます。食べます。

*1:言うてそもそもそんなの都市伝説レベルで有り得ないと思いますけど

*2:主に供給が少なすぎて泣きを見るおたくが多数

*3:結果トラブルや一触即発な場面もありました。ただ自分が言うのもアレですが界隈が良識ある人とか賢い人が多いのでガチのトラブルになることは今のところないです。推しの人柄が成すところだなぁと思います。

▫️「推しの為に」っていう言葉の危うさ▫️


あなたは彼に夢を叶えてほしいの?それとも、彼の夢を叶えた恩人になりたいの?同じことでも全然違うことよ、これ。」




推しを応援するにあたって平然と「推しの為に」と言う人がとても苦手です。その思考そのものを咎めたい訳ではないけど、少なくともおたくとしてあんまり仲良くは出来ないかなって思ってしまいます。


冒頭の台詞を読んだだけで作品名が判った人、あなた魔法少女好きですね?笑。魔法少女まどか☆マギカの登場人物、巴マミ美樹さやかという登場人物へ忠告として言った台詞です。

なんとHuluで全部観れちゃう!ていうか私自身この作品リアタイでは観てないんだけど、2011年のアニメなんだね!びっくり!


この忠告を受けた美樹さやかの生き様を、ぜひ「推しの為に」と盲信しているおたく達に知って欲しいです。Huluで無料試聴可能なのでとりあえず観てくれって感じなんだけど、忙しい人の為に下記に美樹さやかWikipediaから一部抜粋。

人物
まどかと共に魔法少女の世界に足を踏み入れる。幼馴染の上条恭介に一途な想いを寄せており、治療不可能な怪我によってバイオリン奏者になる夢を絶たれた恭介を救うため、巴マミの死後、恭介の腕の治癒を願ってキュゥべえと契約、魔法少女となる。だが、生前のマミからは、自分の願いを他者の願いを叶えるために使うことの危うさを指摘されており、やがてその指摘通りの問題に直面することになる。
(中略)
しかし契約により自分が人間ではないものに変質していた事実に衝撃を受け、さらに恭介と親友の志筑仁美との三角関係に直面したことをきっかけに、人間ではなくなってしまった自分は恭介と結ばれることができないと思い詰めるようになる。次第にまどかや杏子の言葉にも耳を貸さなくなり、心身共に消耗しつつ無謀な戦いを続けた結果、急速にソウルジェムは穢れを溜め込み、信念も見失った末に「人魚の魔女」へと変貌してしまう。

より詳しい解説と考察はこちら
【まどマギ】人魚の魔女オクタヴィアの正体やテーマ、考察まとめ
美樹さやかと上条恭介の関係性について特化した考察
美樹さやかと上條恭介の関係について:総てはオレンジの為に

もうとりあえず本編観てくれって話なんですけど、とにかく好きな人を自己犠牲を持って救った彼女の悲しい結末…。このアニメをたまたま観た当時は本当に嗚咽して泣きました。ちょうどこのブログを作った頃くらいだったと思います。

それで先の2つめに貼った考察の美樹さやかと上條恭介の関係について:総てはオレンジの為にを読むと本当に「推しの為に」っていう行動の危うさを表しているように思います。一件恭介の為を想い毎日お見舞いをして献身的なさやか。傍から見てもそれはそれはとても素敵なことなのかもしれません。でも当の恭介が本当にそれを良きこととして受け取っていたかというのは、先の2つの考察でも書いてあるとおりかなり怪しいところがあります。上条恭介はクソ野郎だと評価する人も多いけど、中学生男子が取る行動としては至極真っ当なように私には思えます。



自分が(もしくは世間一般が)相手の為を思って行う言動も、相手からは必ずしもそれが望まれているとは限らず、それは思い込みすれ違うほどに「独りよがり」になる。そしてその真実に気付いた時、自分のしてきた事が意味をなさなくなった時、人は誰かを呪わずにはいられなくなってしまうのかもしれません。

誰かの幸せを祈った分、他の誰かを呪わずにはいられない。あたしたち魔法少女って、そういう仕組みだったんだね。…私ってほんとバカ。

※魔女になる前、最後に美樹さやかが言った言葉。

この流れがすごいおたくっぽいなぁと思う代表的な所で言うと、若手俳優が炎上した時。カノバレなり何なりで若手俳優が炎上した時、それまで(そのおたく本人的には)献身的に彼の活動を応援してきたおたく達は一気にアンチになり愚痴垢になり暴れ狂う姿をよく目にします。それを見ながら「あーソウルジェム濁りきって魔女になっちまったな…」とまどマギ信者末端の私は思うのです。

推しの為を思い推しの為に時間とお金を捧げ続け自己犠牲を払ってきたおたくという魔法少女は少しずつ穢れを溜め込み、そして推しの炎上等で自身の頑張りが意味をなさなくなった*1時に、おたく魔法少女は絶望して魔女になってしまうのです。みんながみんなそうという訳では無いけど。


あとは気に入らない制作や同担を叩きまくるおたくも、かなりソウルジェム濁ってんだろうなぁって思います。鍵垢とかで愚痴るのは別としてね。確かにリアルに推しにとってそれらが害悪なのかもしれないけど、それって本当に推しが「あの人(制作)害悪なんで潰してください」なんて言ったのだろうか?「思ってても言えないんだよ」というのも確かにそうなのかもしれないけど、そう言えちゃう人ってあれなんですか人の心読めちゃう人なんですかね?もちろんこれも憶測の域は出ないけど、もしかしたら推しは「もうどうでもいいからみんな大人しくしてくれ」って思ってて、燃えたり争われることは望んでないのかもしれない…って思わないんでしょうか。




結局なんでちゃんとした確証もないまま「推しの為に」って盲信するおたくが苦手かというと、そういう人はきっといつか何かあった時に魔女化する事がかなり懸念されるからなんです。「あんなに貴方の為に頑張ってきたのに、応援してきたのに、裏切られた」って、愛情が憎しみに変わりそうで。いやそうなるのは仕方ないんだけど、それで周りにブチ切れ回って病み病みの病みになり、厄災を振りまく魔女になっちゃいそうで怖いです。私も言うて根がネガティブなので、そこに気持ちが引っ張られそうになっちゃう。推し活は楽しんでなんぼだと思ってるから、必死に自己犠牲を続けて、それを正義としているのが怖い。

あとこれはあくまで個人の経験上でしかないけど、通うのも貢ぐのも「推しの為ではなく結局私の独りよがりです。単純に私がそうしたくてやってる病気なんです。」って自覚しているおたくの方が魔女化しにくい*2気がします。きっと行動理念が「推しの為に」ではなく「結局は自分の為」という自覚があるからだと思います。何もかもをちゃんと自分の判断自分の責任って動いてるからなのかな。



まどマギに話を戻すと。

魔女化した美樹さやかは結局倒されるんですけど*3、その後最終回でその魂はとある事象によって救われることとなります。その時に彼女は上条恭介の演奏会に魂として現れ、彼の演奏と傍で見守る仁美の姿を見つめながら、こう言うんです。

「…うん。これでいいよ。そうだよ。私はただ、もう一度、アイツの演奏が聴きたかっただけなんだ。あのヴァイオリンを、もっともっと大勢の人に聴いてほしかった。それを思い出せただけで、十分だよ。もう何の後悔もない。まあ、そりゃ…ちょっぴり悔しいけどさ。仁美じゃ仕方ないや。恭介にはもったいないくらいいい子だし…幸せになって…くれるよね」


はーーー美樹さやかまじ良い子!天使!!!



魔女化に至りそうなおたくも、どうかこの美樹さやかのような後悔を残さない推し活を過ごして欲しいなぁって思うし、何故推しのことを好きになったのか、どんなところが好きだったのか、忘れないでいて欲しいなぁって思います。推しの為にっていうのは確かに素敵な気持ちだけど、その気持ちの裏にある危うさとリスク、本当に推しにとって為になることってなんだろうっていうこと。推しの為にやってるのか、それとも結局は見返りを求めていて、自分の為にやっているのかをちゃんと考えて欲しいです。自分のことも大切に。愛情が憎しみに変わり、魔女化しないように。もちろん私もそうでありたいなぁ、忘れないようにしなくては、と思うのでした。




そしてみんなまどかマギカ、観ようぜ。



余談
まぁ言うて冒頭にも書きましたが、私自身この物語に出会って共感してべろべろに泣いた時期があって、その時は本当に見事にソウルジェム濁りきって魔女化手前か、何なら魔女化してたかもっていう状態でした。でも今の推しに出会って、ソウルジェムが浄化されての今になります。もちろん推しながら何度もソウルジェムは濁りかけてきましたが、適度な距離感とリスペクトを大切に出来るところで、都度ソウルジェムを浄化してくれます。たぶん今後仮にソウルジェムの力を使い果たしても、きっと魔女化せず円環の理に導かれていける気がします。それは私が偉いでもすごいでもなく、そうしてくれる推しがすごいんですよね。出会えてよかったなぁって本当に思います。向こうはやべーおたく釣っちまった!って思ってるかもしれませんけどね!!!笑。

*1:と言っても実際推しにとって現場に来てくれる事などファン活動自体は彼等の助けにはなっているはずなんです。ただし決してそれが恋愛等として報われることがなくなった、という意味での「意味をなさなくなった」というのがポイント

*2:そして何故かそういうおたくの方が笑える程に金や時間を使ってるケースが多い

*3:またその流れが泣ける